FC2ブログ
     

王国帽子店

新潟市の帽子職人です。帽子のこと、日々のあれこれ。

夏は、麻と椰子

ごきげんよう!

帽子職人のacoです。



日差しが強く、暑くなってきましたね~。

夏の気配。

うれし!


デパートやショップでも、

色とりどりの帽子が並んできましたね。

素敵!



帽子の素材もさまざまです。



王国帽子店では、

おもに、

「麻」と「椰子」。

いわゆる 『天然草』 の帽子を

お作りしています。



お店屋さんに並んでいるのは、

『指定外繊維』の

ラフィア、ジュート、紙などや、

『天然繊維』の

コットンやリネンの生地、

そして

『化学繊維』の

お帽子が多いようです。



それぞれに、

メリットとデメリットがあります。



生地を使ったお帽子は

ちょっと種類が異なりますので、

今日は、「型入れ帽子」。

いわゆる「麦わら帽子のようなもの」について

お話してみようと思います。




「椰子」=「パラブンタル」のお帽子

パラブンタルのお帽子.jpg

や、


「麻」=「シゾール」のお帽子

シゾールのお帽子.jpg

は、



1. 軽い

2. 涼しい(むれない)

3. 光沢がうつくしい

4. しなやかで頭にフィットしやすい

5. 味わい深く育てていく楽しみがある



というメリットがある一方、



1. 繊細(折りたたんだり、かばんに入れたりできない)

2. 価格が比較的高い



という点もあります。



ラフィアなどの『指定外繊維』や、

『化学繊維』のまじったお帽子のメリットは

正反対ですね。



お手頃な価格で、

丈夫なので多少乱暴に扱っても大丈夫!



そのかわり、

繊維が硬い分、重かったり、

頭にフィットしなかったり。

熱がこもって、暑かったり。



風合いについては、

素朴な感じが好き。とか、

品のある感じが好き。とか、

お好みだと思います。



お洋服や靴とおなじように、



今日は外でガンガン遊ぶから、

汚れても気にならない

デニムとスニーカーで。


とか、


今日はちょっと素敵な場所へお出かけなので、

お気に入りのスーツ・ワンピースに、

とっておきの靴で。


という感じで、


帽子を 使い分けてみるのも素敵ですね!



あと、

肌が敏感な方は、

お帽子の素材にかかわらず、

帽子の中についている

サイズリボン(=汗どめ、スベリ)が

化繊ではなく、

天然繊維(コットンのグログランリボンや、生地)を選ぶと

安心かつ快適に過ごせると思います。



夏を 思いっきり楽しみましょうね!

かしこ。