FC2ブログ
     

王国帽子店

新潟市の帽子職人です。帽子のこと、日々のあれこれ。

東京仕入れ日記 【お仕事編】

ごきげんよう!

帽子職人のacoです。


いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。



先週は東京へいってきました。

秋冬物の素材を仕入れに。



【まずは帽体=帽子の素材】

ファーフェルトの帽体
うさぎの毛のフェルトです。おもに最高級のチェコ産を仕入れてきました。



これらの高品質な帽体は、

年々つくられる数が減って

価格も上がってきています。



とても希少価値の高い素材です。



1点ものもありますので、

オーダーをお考えのお客さまは

まずは、帽体のお取り置きだけでも

おススメしています。



去年にもまして、

さまざまな色をそろえてきました。



新潟の冬を明るくしてくれるような

きれいな色をたくさん!




【ヴィンテージ & デッドストックリボン】

ヴィンテージリボン
手前は、日本製のデッドストックリボン(オリンピックストライプ)。
奥は、フランス製のヴィンテージリボンやブレード。




【ヴィンテージボタン】

ヴィンテージボタン
いろいろな年代の、いろいろな国のボタン。おもにフランス製。





じつは、ボタンとリボンの写真は

去年の仕入れの時に撮影したものですが、

人気があり、すぐに無くなってしまうので

また仕入れてきたものが

いくつもあります。



ただ。。。

かなしいかな。

ヴィンテージやデッドストックものなので、

同じものがまたあるとは限らないのです。



今回が、のこりの1個だった。

なんてものも、

もちろんあります。



現代ではなかなか見られない

丁寧なつくり、

独特の雰囲気など、

それ独自で美しいものたちです。



これらのリボンやボタンは

トリミング(=飾り)と言って、

仮縫いのときに

さまざまな種類をお持ちし、

お客様と

あーでもない、

こーでもない、

と言いながら

一緒に決めさせていただいています。




トリミングをご相談する時間は、

職人にとっても

この上なく楽しい時間です。



ぜひみなさんにも

ご覧になっていただきたい

美しさです。




さて、仕入れの時は、とにかく歩きまわります。

今日はいくつお店をまわれるかな?と、

時間との勝負だったりしますが、

その合間に

街のようすを見るのも

東京の楽しいところ!



トレンドを追いかけてはいなくても、

やっぱり

今を知る。って

たのしいし、

大切なことだと。




そんな楽しかった時間を

ちょっぴり、おすそわけです。



【銀座三越のショーウィンドウ】

銀座三越
トップハットでクエスチョン。なにを考えているのかな?




【トラヤ帽子店】

トラヤ帽子店
帽子といえば。の、銀座の老舗です。早朝の開店前、外から拝ませていただきました。




【表参道にて】

表参道にて
まっしろなカウボーイハット。素敵でした!




たくさんの刺激と素材をかかえ、

新潟にもどってきました。

このお話の続きはぜひ、

オープンアトリエの時に。



そして、

時間と勝負の滞在でしたが、

ちょっぴり楽しい時間も

過ごしてきましたので

つぎは【お楽しみ編】を

お伝えしたいな!と

おもっています。


かしこ。